FC2ブログ

AFS Mk.II 完成

で、いきなり完成です!まずはじっくりとご覧くださいペンギン

AFS Mk.II

AFS Mk.II

AFS Mk.II

AFS Mk.II

AFS Mk.II

突然の空襲を受け、崩れる瓦礫の中、脱出を試みる青いAFS。
背後から浴びる鋭い閃光に、たまらず全速離脱モードを起動する。
「オレの足は離脱モードに耐えうるのだろうか・・・?」

・・・なんて感じ?

AFS Mk.II

AFS Mk.II

AFS Mk.II

AFS Mk.II

逃げてます。
前回更新のあと、パイプ類を付けて、パステルで汚し塗装を施しました。
ひざに付く動力パイプはキットのものではなく、2mmのスプリングを使用。
パステルは砂色とすすの黒、サビの赤茶、オレンジを中心にアクリル溶剤で溶いて使います。
ところどころタミヤのウェザリングマスターも使っています。

AFS Mk.II

腰アーマーあたり、今回のテーマであるシャドウ部分のグラデーションがよく分かるパーツかな、と思います。粗いタッチの基本塗装と油彩の綺麗なグラデーションが対照的です。

AFS Mk.II

チッピングは、細かい点の集合体として描き込みました。レーザー用の赤いパイプは模型上のアクセントになりますが、汚しておかないと浮いちゃいます。

AFS Mk.II

エキゾーストにはパステルでサビ表現をしました。毎回反省する部分です。使用色数が少ないのかもしれません。

AFS Mk.II

ベースには、コンクリートをイメージした地面をリキテックスのモデリングペーストで造形し、砕いたレンガで瓦礫を表現しました。瓦礫の中に鉄骨を配置しましたが、良いアクセントになったかと思います。真鍮線をパステルでサビ塗装しただけのものです。

AFS Mk.II

プレートはコンパウンドで磨いた真鍮板にインレタで文字を入れるという古典的な手法で作成しました。

サクっと作ろうと思ってたんですが、やはり時間がかかってしまいますねぇ・・・表情13 ファルケのような大型キットを数日で作られている方を見ると、本当にスゲェなぁと思うワタクシです。もう少し手を早くしたいものですが、犬の散歩とか、うさぎと遊んだりとか、ご飯作ったりとか、色々時間がとられまして・・・。これから桜の季節で、散歩がもっと楽しくなりますが、プラモも頑張ります♪ いよいよファルケだぁ~ペンギン

人気ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ
ポチッとな、してくれるとうれしー!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

解説付きでとても参考になります。
油絵の具を使ったブレンド今度挑戦してみます。
自分の腕前も考えないでファルケ購入してしまいました。
製作はまだまだ先となると思います。
今は余ったパーツで色々試行錯誤しています。

巧いなぁー

完成おめでとうございます!
さすがりょうへいさん!塗り、スゲーす!

ベースの作りもナイスですね☆



ありがと~

>トモ☆ペンさん

そう言っていただけると、頑張った甲斐があります。
油絵の具に関しては、私もまだ試行錯誤な状態です。
もしご興味がおありでしたら、プラモログ【http://plamolog.exblog.jp/】や邦人さんのページ【http://homepage3.nifty.com/AFV_model/】、藤原光隆フィギュアセレクション【http://historical-figure.jp/】などを参考になされてはいかがでしょうか?
AFVの人たちってホントにスッゴイですから。
ファルケ、私も今作っていますが、WAVEのAFSシリーズと同じようにはいかない、
プラモらしいプラモで、手の動かし甲斐がありますね。
私も試行錯誤しながら頑張りますので、トモ☆ペンさんのファルケもいつか見せてくださいネ。
これからもTips的な記事を掲載していこうと考えていますので、
要望やご意見等、お気軽にお書きください。とても参考になりますのでv-289

>rodeonさん

いえいえ、rodeonさんのスゴさにはかないませんよー。
シェンケルの記事を拝見するのは、私と同居人の日課になってますから。
「お~このパーツ付いたね~」とか「あぁ~失敗してる~」とか(笑)。
私はスクラッチなんてとても出来ないのですが、
まるで自分が作っているような気になって、とても楽しいです♪

ベースは「逃げる」をテーマに、細長いものを作ろうと思いました。
ウレタンニスのスプレーが古くなってて、綺麗に塗装できずに苦労しましたが、
地面はサックリと出来てくれて助かりましたよ。
シェンケル楽しみにしてますので、これからもヨロシクお願いしますv-289

No title

じっくり見ても見飽きないくらい
緻密な塗装が素晴らしいです♪
筆塗りのタッチや油彩でのタッチ、
複数のタッチで塗り重ねているから
これだけの緻密感があるのかな?
う~んほんと凄い。
ファルケもりょうへいさんが塗ると
どんだけ凄いのか
楽しみです~

そんなぁ~

>kurukuruさん

とっても嬉しいけど少しくすぐったいです(笑)。
ホントにありがとうございます!
タッチを活かす筆塗りは絵画的ですごく魅力的なんですけど、
自分でやると大味で、尚且つよくあるヨ式な感じになってしまい・・・。
センセやへこさんのような荒々しくカッコイイ表現は出来ないので、
AFVで使われる技法を取り入れて緻密なリアリティを表現していきたいな、
と思ってるんです。A型だし(笑)
kurukuruさんのタッチも独特ですごく好きですよ。
大阪テンジカイでも、一目でkurukuruさんだと分かりました。
細い筆で丁寧に描かれていて、独特の空気感がありますよね。
うらやましいッスe-257

ファルケはまだ特筆すべき部分が無くて、記事になりません(笑)
塗装は大体イメージできているので早く塗りたいんですけど、
ホントに手が遅くてね。次も控えているのに・・・。
まぁ楽しいからいっかv-289
PROFILE

りょうへい

Author:りょうへい
日記は苦手だし、プラモも中々作る時間をキープできないけど、できる限り頑張るぜ!何故かって?そう決めたからな!
リンクは完全フリーだ。もうどうにでもしてくれ!

CALENGAR
04 | 2021/05 | 06
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RECENT COMMENTS
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH
MOBILE
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる