スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ
ポチッとな、してくれるとうれしー!

Flying-F【製作】ネック加工、ボディ下地編

今日は全国的に大嵐です。
そろそろ帰宅の時間帯ですが、みなさんくれぐれも事故や怪我には気を付けて!

オイラは気ままな在宅ワーカーなので大丈夫なのですが、
在宅ワーカー御用達のテレビ番組としてカオス的人気を誇るTOKYO MXテレビの
5時に夢中」が春の番組改編を迎え、MCが交代になりました。

逸見政孝氏の御曹司、逸見太郎氏の何とも頼りないけどくせになる名司会が
見れなくなるのがとても寂しいです・・・。
まぁ後任がふかわりょうさんで(笑)、頼りないラインは維持されてるんですが。

ホントにこの番組はかなりアナーキーな内容で、日替わりのコメンテーターが
様々なギリギリ発言を行うという危険極まりない生番組(!)なんで、
まだご覧になったことのない方は一度お楽しみあれ。
まず月曜のマツコ・史江コンビから入って、木曜のくるよくるよコンビにハマるのが王道かと(笑)。


というワケで ・・・前回ボディの木工が終わったので、
今回はネックの加工からやっていきましょう。


120403_01.jpg

ボディと同様に塗装を剥がしたら(これが大変!)、指板をマスキングしておきます。
これは指板やフレットが工作中に傷つくのを防ぐためです。


120403_02.jpg

ヘッドにはヤクルトエンジンがくっつきます。
このエンジンをどうやって作ろうかかなり悩んだんですが、木で組むことにしました。
円すいや円盤状の木材を組み合わせて接着しておきます。


120403_03.jpg

ヘッドの先端をバッサリカットして、5mmのアルミ棒を2本打ち込みます。


120403_04.jpg

先ほど接着しておいたヤクルトエンジンに5mmの穴を二つ開けて、
アルミ棒を差し込み、ガッチリ接着します。


120403_05.jpg

薄いアガチスの板を貼り付け、エンジン噴射口をドレメルで彫り込みます。


120403_06.jpg

エンジンとヘッドを木工パテを使って、なだらかに繋ぎました。
これでネックの基本的な加工は終了です。


さて、ここから基本塗装に入ります。
が、
モノはいつものプラと違い、木材です。
しっかりと目止めしないと塗料が染みこみすぎて、うまく光沢が出ません。
プラ同様と言うか、プラ以上に下地処理が大事です。


120403_07.jpg

まず、ウッドシーラーという下地材を全体に塗布します。
これはプライマーのような役割です。


120403_08.jpg

ウッドシーラーが乾いたら、サンディングシーラーを塗布します。
これはサーフェイサーのようなもので、少し厚塗りして乾燥後、
やすりがけ(サンディング)して、表面をなめらかにするための下地材です。

しかし、これが臭い!!!!
木工趣味の皆さん、これを我慢してんのスゲーですよ!
次回からこの工程は近所の公園でやりますよ・・・。


120403_09.jpg

地獄のサンディングシーラーが乾燥したら、サンディングです。
つるつるすべすべになって、超気持ちイイです!!


120403_10.jpg

表面が円滑になったら、パネルラインの筋彫りを行います。


120403_11.jpg

これで塗装の下準備ができました。
Titi君、すっげーくせーから、あんまりクンクンしないでNet。


120403_12.jpg

はい。裏面はこんな感じになっとります。

でもこの木目が見えた感じ、カッコいいよな~。
塗装して木目をつぶすのがもったいないような気がしてきたよ・・・。


いや~、サンディングシーラーの強烈な臭いにはマジでまいりました。。。
普段、オイラの趣味にとても理解のある見届けの妻も、さすがに
「くせーよ! 外でやれや!」と困り顔でしたとさ。ゴメンヨ-
スポンサーサイト

人気ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ
ポチッとな、してくれるとうれしー!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Flying-F 【製作】細部製作:ボディ編

おぉっと、一ヶ月広告が出るトコだったぜ。。。
やっと仕事が一段落したので、久々のブログです。

気の早い桜がチラホラ咲き始めてますね。
一年で最も美しい季節がすぐそこまで来ています。
色々あるにはありますが、やっぱり日本に生まれて良かったなぁなんて。


えぇっと、前回おおまかに形状が出たところまで書きましたので、
今回はボディ木製部分の細部を作っていきます。

120327_01.jpg

胴体部分の終端です。
木材の端切れを削りだして、ドレメルというリューターのビットで
一段下がった部分を彫り込みます。

と書けば簡単そうなんですが、形状を現物合わせで本体と合わせたり、
暴れるリューターを押さえつけて彫り込んだり(危険!マネしちゃダメ)、
結構大変な作業で、いくつも作ったうちの何とか使えそうなのが上の写真の二つです。


120327_02.jpg

ボディに接着するとこうなります。
同じく、ボディ上部にあるスリットもドレメルで彫り込みました。
ネックポケットの両脇部分(ファルケ的にはエンジン横部分)はバルサ材の削り出しです。


120327_03.jpg

パーツが大体揃ったところで、荒削り状態だったボディを紙やすりでサンディングしていきます。
楽しいけど大変です・・・。いい運動になりますぜ


120327_04.jpg

ここで一度全体を眺めてみましょう。
ボディ左舷のレドーム(?)はバルサ材の削り出しをエポパテでコーティングして作りました。


120327_05.jpg

ボディ底面も微妙なアールをなるべく再現しました。
頑張ってサンディングした甲斐あって、すべすべで触ってると気持ちいいデスぅ~(笑)


120327_06.jpg

斜めから。
おぉ、だいぶファルケっぽくなってきてない?


120327_07.jpg

飛びそう感が出てきてますね


120327_08.jpg

各ダクトも、木材の端切れを削り出して作りました。
いくつも作ってるうちに、かなり上手になっちまいましたぜ。


120327_09.jpg

武器類が付く出っ張り部分は、
アガチスの板材を現物合わせで切り出して接着して作ります。
武器類を保持できる強度をもたせなきゃいけないので、結構難しい作業でした。


120327_10.jpg

スタビライザー基部には、市販の半球状の木材を使いました。
ボディ右舷のパーツは、市販の円すい状の木材を削って作りました。
ハンズ様々です


120327_11.jpg

ボディ底面、反重力ユニット付近も、各種素材や端切れを組み合わせて作りました。
反重力ユニットは、PET素材の半球をそのまま使います。
これもまたハンズ様々です


120327_12.jpg

コクピット先端のダクトもドレメルで彫り込みました。


120327_13.jpg

機首部分のダクトもドレメル出動です!


というワケで、木製のボディワークは大体出来ました。

       が、

この時点でもう11月に突入してます・・・
本番まであと20日。
走り抜けてやるぜ! ロック魂全開だぜっ!!

人気ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ
ポチッとな、してくれるとうれしー!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Flying-F 【製作】形状出し

恐怖の忙殺地獄から徐々に抜け出しかけてます。ヤッター!

肋骨も無事つながったようなので、サッカーに復帰したい!
でも2ヶ月もの間、1秒も運動してないので、ちょっと不安・・・。
で、前々から気になってた近くの体育館でやってる個人参加型のフットサルに行ってみた。

右足捻挫・・・

もうね、サッカー引退しろってことかと思ったぜよ
幸い、もうほとんど痛みは引いているんで、次の週末にはサッカーやってみようと思いマス


そんなワケで、ファルケギターの続きです。
前回に続き、模型にストイックな方は読み飛ばしてくださいませ


さて、前回アウトラインをトレースしたトコロまで進みましたので・・・

120226_01.jpg

ジグゾーを使っておおまかに切り出します。


120226_02.jpg

まぁ、こんな感じです。
この時点ではアウトラインが出ただけで厚みが足りません。


120226_03.jpg

ハイ。どんどん貼り付けていきます。
ギター工房のようにクランプが潤沢にあるわけではないので、
ちょっと貼って、タイトボンドが乾いたらクランプ外してまた貼って、
の繰り返しで、意外と時間がかかる行程なんです。実は。


120226_04.jpg

フランケン状態(笑)
ん・・・? 奥に何かいるぞ


120226_05.jpg

タイトボンドが乾いたら、仮組したファルケを傍らに
ノミでどんどん削りだしていきます。


120226_06.jpg

色々とやすりとか試したんですが、ノミの作業効率に適う道具は無かったですね。
トリマーが使えればいいんですが、あれはあまりにうるさくて・・・。
近所を気にせず作業できるガレージをいつの日か手に入れてやるぜよ!


120226_07.jpg

ノミで彫り込んだら、カンナでならしていきます。
木工におけるノミとカンナは最強ツールですぜ!


120226_08.jpg

ノミとカンナの黄金コンビで削りだしたファルケギター!


120226_09.jpg

斜めアングルから見てみると、曲面が増えてきて、
徐々に雰囲気が出てきてるのが分かりますね。
やはり奥に何かいるな・・・


120226_10.jpg

エンジン側から見るとこんな感じです。
楽器としての演奏性も考えて、形状をアレンジしてあります。
これでおおまかな形状は出たかな。

つらいつらい塗装剥がしの工程とは対照的に、
ノミとカンナでカンカンと削り出すのは最高に気持ちいい工程でしたよ!
肉体的には超バテるけどね!


ところで、みなさんご存知ですか? このサイト。

homo ferratus

超カッコいいからいつも見てるサイトなんだけど、
今 1/3 SAFSを作ってる!
しかもFor Saleって!
1/12のクレーテを発売すると言われているthreeAさんの中の人なのかな?

デカもの好きのオイラとしては、1/12クレーテは当然として、
1/3 SAFS なんて出た日にゃぁ・・・。

おそらく1メートルくらいあるだろうから、逆に置き場所はあるのかも・・・と思ったりして(笑)。
玄関開けたらSAFSがお出迎えみたいな。

人気ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ
ポチッとな、してくれるとうれしー!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Flying-F 【製作】下ごしらえ

いや~、さぶいねぇ~~
オイラは冬キライだよ~~ って言ってても仕方ないので、
関東展示会に出展したファルケギターの製作記を始めたいと思います。


ただ・・・・

プラモ好きな皆さまには何の役にも立たない製作記です!


まぁこんなヤツもいるんだなぁ~くらいにお付き合いくださいネ


まず、ギターを一から作るのなんて、技術も時間も機材も無いので無理!
今回は既製のギターを改造する方向で考えます。


ファルケに改造するにあたって・・・

形状はフライングVがよかろう。
三次曲線化しやすいので、ピックガードが無いタイプ。
アームはあった方がロック感があってイイ♪
何より安い!!

などなどの諸条件を鑑みた結果・・・


120116_01.jpg

フェルナンデス製のBSV80J(多分w)に決定!!
ヤフオクで8000円! オイラは基本、ギターはヤフオクで買う(笑)。


120116_02.jpg

コイツはデタッチャブルジョイント(ネックとボディをネジ留めしてあり、付け替えできる)
なので、改造もしやすいよね!


ちなみにこのギターは、かつて80年代に活躍したハードロックバンド
「44マグナム」のギター、JIMMY(広瀬さとし)モデルの中堅機種。
ショートスケール、フロイド風トレモロ付きと、当時のキッズ憧れモデルです。


120116_03.jpg

まずはパーツを全てバラします。
これは前オーナーが赤をオーバースプレーしてますね。
さて、塗装を剥がしましょう。


「ギターの塗装を剥がす」で検索してみると、
塗装面をアイロンで暖めると、スクレーパーでガリガリ剥がせるらしい。
それは楽!! さっそくやってみた!

120116_04.jpg

でも・・・
剥がれるの、前オーナーが吹いた赤部分だけ・・・。

フェルナンデスのウレタン塗装が固いのか?
オイラのやり方がマズいのか??
どうやっても剥がせないので・・・


120116_05.jpg

やすりで剥がしたよ!
この工程が全行程中、一番キツかったぁ

風呂場でサンダーを使ってガリガリ削ってたら、
削れた塗料の粉で体中真っ白!

「玉手箱でも空けちゃったの?」

・・・うまいこと言うね、見届けの妻よ


何とか塗装も剥がせたので、ファルケのアウトラインを出していきます。

120116_06.jpg

ボリュームが足りない部分に木材を接着していきます。
使った接着剤は、ギター製作における定番、タイトボンド。
コイツはスゴい木工用ボンドで、カチカチに固まります。
的確に接着すると、無垢の木材よりも強度が出るんだって。

もしも、もしもですが、同じくギターを魔改造したい人がいると仮定して。
ここに使った木材は、ホームセンターで安かったSPF材というもの。
(SPFのSはスプルースのSなんで、イイかなと思ったの:スプルースは生ギターの表板に使われる)
が、これは大失敗でした・・・。

安くて切りやすくて、その点は良いんですが、
筋が多くて固く、平面を出すのがとても難しいです。
もしホームセンターで手に入る木材をチョイスするなら、
アガチス材が良いかな、と思います。
音質がどうかは分かりませんが・・・。


120116_07.jpg

はい。全体貼り付けました。
そしたら、鉛筆でざっくりとアウトラインをひいていきます。
こんな感じかな。


120116_08.jpg

そのアウトラインをトレーシングペーパーに写し、
キレイな図面を半身だけ作ります。


120116_09.jpg

この図面を切って反転し、本体に写します。


120116_10.jpg

これで左右対称の図がひけたはずなんですが・・・。


この時は気付いてなかったんですが、
このギター、中心線が非常に微妙な位置にあります。
微妙に左右対称じゃないんですね。
弾きやすさを追求した結果、導き出した形状なのでしょう。

この時点ではそれに気付いてないので、
元が左右対称であることを前提に中心線を出しています。
このおかげで、最終形の左右対称が狂ってるんです。

超びっくりしたゼ・・・


こんな感じでしばらく製作記を書いていきたいと思いま~~す。
ロケンロー!!

人気ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ
ポチッとな、してくれるとうれしー!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

FALKE style Electric Guitar "Flying-F"

今年もこの季節がやってまいりました!
Ma.k.関東展示会 2011。

いや~、今年も言います! 言わせていただきます!

「関東展示会、おそるべし・・・」


昨年はまさかの全作品撮影を敢行。
全作品紹介を試みたところ、・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ あえなく擱座 スミマセヌ・・・

めげずに今年も、目に留まった作品を撮影してきましたので、
イベントレポートは次回からにしたいと思います。レッツリベンジ


さて、オイラは今回、こんな作品で参戦してきましたヨ!!

111124_01.jpg

FALKE style Electric Guitar "Flying-F"

ファルケ型のエレキギターです!
大真面目に作りましたぜ!!


111124_02.jpg

111124_03.jpg  111124_04.jpg

111124_05.jpg

全体像です。
元はフェルナンデス製のフライングV。懐かしの44マグナム JIMMYモデル。
ちなみにオイラが行った初めてのロックコンサートwも44マグナム(笑)。


111124_06.jpg

このアングルから見ると、マジで飛びそう。


111124_07.jpg

クローズタイプのハムバッカーだったので、楽にペイントできました。
そしてこだわりのパーツ、フロイドローズ3。Made in GERMANY。


111124_08.jpg

12フレットは、センセのサインスペースとして空けておきました。
ここにサインが入った時点でこの作品は完成となったワケです。
ドクロのポジションマークはネイルシール。なんでも使うぜ!


111124_09.jpg

センセ自らここにもサインしてくださいました!!
サインをいただいた瞬間に、色んな方がパシャパシャ写真撮り始めるってどゆこと!?(笑)


111124_10.jpg

ガトリング砲や機首、スタビライザーなど細部もなるべく再現しました。


111124_11.jpg

スタビライザーは弾くとき邪魔になるので、折りたたみ可能となっています。
ここが一番壊れやすい部分です(笑)。


111124_12.jpg

機首部分はプラ製。各ダクト類は木材を削りだしています。


111124_13.jpg

ガトリングは・・・


111124_14.jpg

回転します!!
笑えます!!(笑)


111124_15.jpg

ボリュームノブはメタルSAFS。カワイイでしょ?


111124_16.jpg

ヤクルトエンジン付きのヘッド。
これまた笑えます(笑)。


111124_17.jpg

反重力ユニットも抜かりなく再現してますよーー!



こんなモン作っちゃって、ちゃんと弾けるの~~??
とお思いの方、

もちろんちゃんと弾けますし、アンプに繋げられます!

昨日、ムービーを作ってYouTubeにアップしてみたよ。
 クリッククリック


演奏が下手なのは大目に見てくだされーーー!


オイラとしてはクールでロックな作品を作ったつもりだったんですが、
なぜかこれを見た方は「クスッ」って笑って行くんです(笑)。
まぁ会場をそこそこ和ませることはできたかな、と嬉しく思ってます。

展示会レポートが終わったら、誰の参考にもならない製作記を書こうと思ってマス。
「木工」という新たな挑戦はとても楽しく、そしてとても難しいものでした。


今年も関東展示会は熱かった!
オイラも楽しませていただきました!!
もう来年のアイデア、浮かびました!!! それも今日!(笑)

人気ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ
ポチッとな、してくれるとうれしー!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

PROFILE

りょうへい

Author:りょうへい
日記は苦手だし、プラモも中々作る時間をキープできないけど、できる限り頑張るぜ!何故かって?そう決めたからな!
リンクは完全フリーだ。もうどうにでもしてくれ!

CALENGAR
09 | 2017/10 | 11
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RECENT COMMENTS
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH
MOBILE
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。