FC2ブログ

NIXE~パイロット塗装

S.A.F.S.もめでたく完成したことだし、忘れてませんよ~。
NIXE
久しぶりに再開です!

前回までに工作は終わっていますので、
今回はパイロット並びにコクピットを塗装していきます。

「S.A.F.S.作ろうYO!」はホントに久々のプラモ作成となる全国のお父さん向け記事でしたが、
「NIXE作ろうYA!」は、もう少しプラモを作り慣れている方を対象としています。

100727_01.jpg

つーわけで、下地塗装はサクッと終わってます。
ジャーマングレーにホワイトを混ぜて明るくしたラッカー塗料をエアブラシしました。
正直、下地塗装はエアブラシが楽チンです。

下地塗装後、全面にシリコンバリアーを塗布してあります。
シリコンバリアー塗布について詳しくは コチラ!


シュトラール系スーツであるNIXEは、コクピットとパイロットの塗装から始めます。
まず、パイロットを塗装しますが、今回はコレを使ってみます。

100727_02.jpg

GAMES WORKSHOPから出ているシタデルのアクリル塗料です。
本来、ボードゲームに使うメタルフィギュアを塗るために開発された塗料で、
隠蔽力が強く、発色が良く、速乾性で、筆塗りがしやすいと上々の評判なのです。
9色セットで筆まで付いて2000円ちょっとと価格もお手頃だったので、早速GET!
どれどれ、開けてみましょう。

100727_03.jpg

塗料はプラスチック製の瓶に入っており、フタの裏が特徴的な形になってます。
液ダレ防止なのでしょうが、ここに塗料がたまるので、筆で直接すくうことができます。
特にうすめ液的なものは発売されていないようなので、マニュアル通りに水で薄めました。

100727_04.jpg

サフを吹いたフィギュアに下塗りをしてみます。

確かにガッシュと比べ、隠蔽力は強いですね~。
塗料の伸びもよいので、筆ムラも出にくいと思います。
ただ、定着力はさほど強くはないので、ところどころはじきました。
塗装直前にフィギュアを中性洗剤で洗っておくことをオススメします。

100727_05.jpg

顔部分を塗ってみましたよ。塗り方はSAFS同様です。コチラ!

いや~、ホントに速乾性はスゴイです!
塗ったそばから乾いていきます。
ここまで速乾性だとサクサク作業できて良いのですが、
紙パレットに出した塗料も速乾しちゃうんで、混色にはあまり向いてないかも。

あと、ブレンディングはほとんど不可能ですね。
筆2本を使ってやれ!とマニュアルには書いてありますが、無理、無理・・・。
薄く溶いた塗料を重ね塗る感じでグラデーションを作りましょう。

100727_06.jpg

ヘルメットと服もシタデルで塗ってみました。
伸びが良いので、確かに筆塗りはしやすいのですが、ブレンディングできない以上、
初心者にオススメできる塗料ではないと思います。
正直言って、シタデルやファレホなどのアクリル塗料でフギュアを塗るには絵心が必要です。

一見難しそうな油絵の具の方が全っ然カンタンですよ。
ただ、速乾性と隠蔽力の強さはシタデルの大きなストロングポイントです。
下塗りや細部の塗り分けには存分に力を発揮してくれるでしょう。
ブレンディングに関しても、ガッシュ用のリターダーが使えれば使用可能かもしれません。
今度実験してみよっと。

100727_07.jpg

塗装が終わったら、マスクに1.5mmのスプリングを使ってホースを取り付け、
ヘルメット左耳からコードを出し、ホースに巻き巻きします。
「戦闘機 パイロット」でGoogle画像検索かければ、参考画像が色々出てきますよ。

100727_08.jpg

コクピット内壁は、ドイツ軍戦車をイメージしてホワイトにしてみます。
ラッカーのホワイトに少し緑を混ぜ、筆塗り後、カリカリチッピング
そのままだと白が浮くので、薄く溶いた油絵の具のイエローオーカーやブラウンで
ごく軽くフィルタリングしておきました。

シートはラッカーのレッドブラウンで下塗りして、油絵の具でグラデーション表現しました。
ハッチを可動させるにせよ、そんなに目立つ部分ではないので、結構適当でOKです

100727_09.jpg

アップにするとこんな感じ。
小さいと言われるフィギュアですが、造形は素っ晴らしいので、
丁寧に塗ってあげれば、スゴくカッコいいパイロットが出来上がると思いますよ。


最後に最も重要なノウハウを。

今、我が家のうさぎのVivi君が換毛期まっただ中なんです。
家中、細かい毛が舞ってるみたいなんですよね。
これがシリコンバリアーを塗布した模型表面につくんだな、コレが

ペットをお飼いのみなさん、
シリコンバリアーは塗装直前の塗布がオススメです!!

人気ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ
ポチッとな、してくれるとうれしー!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

NIXE~工作終了!

前回の勢いを駆って、細かいパーツをガンガン貼りつけます。
はい! 工作終了です

今回も画像多目ですが(笑)、ご覧くださいませ~!


100603_01.jpg

100603_02.jpg

100603_03.jpg

100603_04.jpg


肩やひざ・ひじの装甲が付くと、さらに丸いフォルムに見えますね。
これは中々イイ感じかも~!


100603_05.jpg

今回、アンテナは太いタイプにしてみました。
2mmプラ棒の端っこを丸く削りこんで再現してあります。
1mmアルミ線で接続するのですが、
1.5mm径のスプリングを数巻き分切り取って通しておくとそれっぽいです。


さて、ここまで来たら全体にサーフェイサーを吹いて、
いよいよお楽しみの塗装となります。
でもこのあと、工作忘れをいくつか発見するのでした・・・。

人気ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ
ポチッとな、してくれるとうれしー!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

NIXE~関節の工作

前書きを書いてたら、ついついヒートアップしちゃって・・・
いやね、何が言いたかったかっていうと、

昨日の草サッカーで点決めたんですよ! ヤッホー

それだけが言いたかったんですよ。ホントは。
でも、サッカー大好きだから、
普段思ってたことがふつふつと沸いてきたんだよね。
もうジーコからの代表にはガッカリさせられっぱなしだからさ・・・。

サッカーの話はこれくらいにして、
今回は「関節の加工」です。

マシーネンといえば、固定関節のシーリング!
でも、難しそうで中々手が進まない方も多いのでは?
いえいえ、大丈夫。意外にカンタンにできますよ。
それではいってみよーー


100530_01.jpg

Ma.K.旧キットをカッコよく組むには、関節の新造が不可欠です。
まず、前回組んだ手足のパーツにパテを充填して2mmの穴を開口し、
2mmのアルミ線を差し込みます。


100530_02.jpg

そのアルミ線で各パーツを繋いでいくワケです。
アルミ線の曲げ具合でポーズを変えられますので、
納得のいくまで試行錯誤しましょう。

そうやって一度は立ったNIXEでしたが、ちょっと足が長い印象・・・。
それはオリジナルを全く知らない見届けの妻にまで見破られる始末(笑)。
それならばと、MG掲載の源蔵さんメルジーネ作例を見習って、
腰の接続を見直すことに。


100530_03.jpg

キットのA2パーツを使わず、腰パンツにパテを充填して、
3mmプラ棒を固定しました。
これで2mmほど腰が低くなるようです。
そして・・・


100530_04.jpg

立ちました!
うんうん、イイね


100530_05.jpg

続きまして、シーリングです。
まずはアルミ線で繋いだ関節部分にエポキシパテを盛り付けます。
この場合、Ma.K.でよく使われるセメダイン木工パテ
固まるのが早すぎて使いづらいです。
マジックスカルプは粘度が低すぎてイマイチ。
ここはタミヤエポキシ造形パテ高密度タイプがイイ具合です。
全国どこでもいつでも入手可能ですしね。

パテを盛りつけたら、いよいよシーリングです。
シュトラール軍の関節カバーといえば、ズバリ蛇腹です
蛇腹モールドのシーリングをカンタンに施してみましょう。


100530_06.jpg

最初は一番上の画像。
シーリング部分の真ん中にデザインナイフなどで凹みをモールドします。

次は二番目の画像。
その真ん中に凹みモールドを追加。

最後に三番目の画像。
そのさらに真ん中に凹みモールドを追加。

これで均等な蛇腹モールドを再現できるワケですね~。
私はパテが柔らかいうちにやりますが、
玄機士さんはパテが硬化してから彫られています。
そっちの方が掘る前に形状を成形できますから、精度は出せますね。
玄機士さんの作品はそれはそれは素晴らしいものなので、
皆さん是非ご覧になって参考にしてくださいね。


そんなこんなでやっとこさ立ち上がりました
NIXEの勇士をぜひご覧くださいませ!


100530_07.jpg 100530_08.jpg

100530_09.jpg 100530_10.jpg


嬉しくて画像多目ですが(笑)、お許しくだせぇ。
上腕と手首の加工が効いてますね。
このマルッとしたフォルムがイイなぁ。かわいいぜNIXE
さて、あとは細かいパーツを貼り付けて、パイロットが乗れば工作終了です。
一気に頑張っちゃいましょう!

人気ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ
ポチッとな、してくれるとうれしー!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

NIXE~手足細部工作

あれだけてんこ盛りだった細かい仕事たちが一斉に片付いて、
エアポケット的にゆるりとした生活ができるなう。
自然に模型を手に取る時間も増えて、ストレスも軽減なう。
土日はサッカーやって、バンドやって、髪切って 超楽しかったぞ。
まだしばらく続きそうなのんびりスケジュールに、
外は雨でも心は晴れやかなう

さて、今回はNIXEの手足細部工作です。
NIXEとは言え、まんまグスタフなので、
グスタフ系のスーツを製作されている方全般に参考になればな~と思ってマス。

製作ポイントは、
ひざ横に付く動力パイプ基部の大型化
レーザーバレルのディティールアップ
手首のディティールアップ
です。ちょっと今回地味ですが、はりきって参りましょー!


100524_01.jpg

ひざ横のパイプ基部ですが、キットのままだと小さくてパイプが挿せず、
あまり美しくありません。
いつもはパテの塊から削りだすのですが、今回はなるべくキットパーツを
使う方向でやってみました。

1mmプラ板で底上げして、WAVE Uバーニア フラット1の4mm径のものを
貼ってパイプ基部と・・・・・・したかったのですが、
Uバーニア フラット1が在庫切れ!!
仕方ないので、KOTOBUKIYAのモビルパイプをスライスして使いました。


100524_02.jpg

レーザーガンの銃身はキットのままだと断面が楕円だし、
キレイに成形するのも非常に難しいので、作り直します。
キットの銃身を切り取って、慎重に3mmの穴を空けます。
その穴に3mmのプラパイプに2mmのアルミパイプを差し込んで作った
銃身を接着しました。

銃身の下の穴もキットのままだと楕円でカッコ悪いので、
リューターやリーマーなどを使って3mmの正円に修正します。
その中に、Uバーニア フラット1の3mm径のものを埋め込みました。


100524_03.jpg

メンテナンスハッチのヒンジと、上部バルジのボルトは、
キットのモールドを削り取って、伸ばしランナーで新造しました。
特にヒンジは効果大だと思います。
メンテナンスハッチのスジ彫りも深く掘り直しておきました。


100524_04.jpg

グスタフの手首、親指骨折してません?
人差し指~小指もカワウソの水かきみたいでカッコ悪いです・・・。
いつもは全指自作するのですが、ここもキットを活かす方向でイジります。


100524_05.jpg

エッチングソーで各指を切り離します。
断面形状は不自然になりますが、気にしないようにしましょう(笑)
切り離せたら、各指の根元にカッターを入れてグイっと押して、
少し指に動きを出してみます。


100524_06.jpg

いきなり完成してますが(笑)、
親指は切り取って180度回転させて再接着。
母子球(親指の根元)も切り取って、角度を調整して再接着し、
瞬間接着剤で隙間を埋めました。

前腕と手首の接続部には、Uバーニア フラット1の6mm径のものを
削って、厚みを薄くして貼り付けました。

手の甲のコードもプラ板とビニールコードから作り直し。
小指横の出っ張りはWAVE Iチップ【台形】で置き換えます。


う~ん、改めて見ると地味な工作ですね~(笑)。
でも、実際やっているととても楽しい作業だし、
グスタフ系全般に使えるワザなので、
ぜひ皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

次回はついにNIXEが立ちますよ~

人気ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ
ポチッとな、してくれるとうれしー!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

NIXE~ボディ仕上げ

お久しぶりです
GW前から細かい仕事がたくさん入るという、
デザイナーにとって一番キツく、一番儲からないパターンに忙殺されてました。
やっと少し落ち着いてきたので、ブログ再開です。ゴメンネ・・・

さて、今回はNIXEのボディを仕上げます。

前回厚みが足りないことに気付いた背中のモッコリですが・・・

100518_01.jpg

結局、やり直しました。全体的に1mm程厚くしてあります。
でも、写真を見るともう少し厚い方がアーティストモデルには近そうです。
これをボディに貼り付けます。

100518_02.jpg

最後まで謎のパーツだった何かの転輪部分は、
オプションパーツを組み合わせて作りました。

KOTOBUKIYAのP-110丸ノズルLの10mm径を削ってベースを作ります。
中央の円錐はWAVE Iチップ【台形】の7mm径を貼り付けました。
リベットはWAVE Rリベット角から適当な径のものを選んで使いました。


100518_03.jpg

次はお腹のライト?カメラ?のパーツです。
先程と同じKOTOBUKIYAのP-110丸ノズルLの8mm径を2枚貼り合わせてベースを作り、
プラ板をかまし、WAVE U・バーニア フラット1の4mm径を2つ並列に貼り付けました。
向かって左側に付く透明のパーツは、塗装後に貼り付けることにしましょ。


100518_04.jpg

次はハッチです。
今回は開閉可能に組むつもりなので、ハッチ裏にディティールを追加します。
まぁチラッとしか見えない部分なので、雰囲気重視で適当に。


100518_05.jpg

ハッチ表面にはカメラらしきパーツが2つ付きます。
もうこれは写真とにらめっこしながら、エポパテをひねるしかありませんね。
事前にハッチにメンタムを塗っておくと、エポパテが固まってから剥がすことができるので便利ですよ。

大きさ、形、場所、中々難しいですが、納得いくモッコリが出来たら、
ピンバイスで2mmの穴を空け、伸ばしランナーで溶接痕を追加。
適当なオプションパーツを貼り付けて完成です。


100518_06.jpg

おおーーーーーーー
お目目が付くと、グッとNIXEらしくなりますねー。
これ、結構な記号だったんだな~。
これでおおよそボディの形状は出たかと思います。
あらためて見てみましょう。


100518_07.jpg 100518_08.jpg

おおー。イイね。イイね。
丸くてカワイイね。NIXE

人気ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ
ポチッとな、してくれるとうれしー!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

PROFILE

りょうへい

Author:りょうへい
日記は苦手だし、プラモも中々作る時間をキープできないけど、できる限り頑張るぜ!何故かって?そう決めたからな!
リンクは完全フリーだ。もうどうにでもしてくれ!

CALENGAR
04 | 2021/05 | 06
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RECENT COMMENTS
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH
MOBILE
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる